MENU


Food and Beverage

シンガポール F&B(飲食)市場調査報告書

398

Introduction

本稿では、今後アジア地域における食品飲料業界への参入のための足掛かりとしてシンガポールを第一の候補地として検討している事業者向けに、明確な進出戦略を描くヒントを提案していきたい。そのために、まずは過去の市場傾向と2016年以降についての考察、消費者購買パターンの分析、競合他社分析による事業展開戦略の分析、日本食へのニーズを研究していきたい。加えて、“特別寄稿:シンガポールにおける飲食経営、衝撃の実態:“利益率「+32.2%」事業と「-71.1%」事業はなぜ起こるのか!?“にて飲食店ビジネスの成功と失敗の実例を紹介・検証する。異なる言語・文化・伝統・価値観が根付くシンガポールという異国の地で、消費者ニーズに如何に柔軟かつスピーディーそしてピンポイントに対応するか!?その真骨頂をお伝えしようー。

日本語版:P62

Travel Industry

シンガポール 観光市場動向 2017年度版

398

Introduction

ビジネスとしてもレジャーとしても世界有数の旅行地として名高いシンガポール。その観光セクターは、STB(シンガポール観光庁)の管轄の元、娯楽・クルーズ・小売・ホテル総合リゾート・医療観光・MICE・スポーツ、そして旅行代理店などの多様な分野で構成され、順調な成長を遂げている。しかし、この中でも重要な役割を果たす旅行代理店産業は2006年頃より、IoT時代の到来とともに、インターネット販売の普及や外資系大手の市場参入等が続き、結果、非常に限られたパイの中で低マージンを取り合う泥沼の局面を迎えるようになった。本稿ではその様な市場状況に秘められた旅行代理店ビジネスの成功への秘策をひも解くべく、観光産業の現状、成長分野と変化を推進する要因、競合環境、主要企業と主要ブランドなどを検証し、市場予測をお届けする。筆者が独自に書き下ろしたCore Story「旅行業界は競争激化!勝ち組 vs. 負け組の今後₋シンガポール」と共に、たんまりとお楽しみいただきたい。

日本語版:P54  ENGLISH:P58

Construction Industry

シンガポール 建築市場動向 2017年度版

398

Introduction

官民一体となった持続可能な開発で盛り上がるシンガポールの建設セクター。本稿はその中でも特にイノベイティブなスキルを持つ外資建築サービスプロバイダーへのニーズが高い建築市場にスポットを当て、全体的なマーケットストラクチャー・市場投資環境や需給動向、市場参入機会、主要企業のプロファイルや競争環境、近年の建築テクノロジートレンドの発展、M&Aその他の戦略的発展機会を分析し、展望をお届けする。民間部門のプロジェクトスケールは落ち込みをみせているものの、公共部門のそれは今なお伸びしろを見せているシンガポールの建設セクター。その規模は2017年現在でおよそS$350億ドル産業であると見積もられている。筆者が独自に書き下ろしたCore Story「ノン・フィクション: シンガポール一級建築士事務所のサバイバル成功事例」と共に、この有限な土地に降臨するであろう、無限のOpportunityをお楽しみいただきたい。

日本語版:P49  ENGLISH:P48

Beauty/Health

シンガポール 美容機器販売市場動向 2017年度版

398

Introduction

”安定”と”伸び悩み”が共存する、シンガポールの美 容機器卸売事業。一体どの様な企業が次 世代のビジネスシーンにおいてその名を この地に輝かしく刻み込むことができる のであろうか?!本稿ではこのシンガポールマーケットにスポットライトを当て、グローバル美容医療市場動向と共に、現地 における医療美容機器技術の最新トレンド、製品の製造販売業者~販売仲介者 などの川上企業(仕入先)~医療美容サービスの提供者~川下エンドユーザ(消 費者)間のバリューチェーンや市場構造、主要業界プレイヤー情報を含む競争環 境など、業界にまつわる最新の情報を幅広く詳述し、今後の展望を分析する。筆者が独自に書き下ろしたCore Story「美容卸企業経営実態:ローカル美容卸企業S社から学ぶ、「成長鈍化」の壁を打ち破り、事業のレベルアップ する秘訣」と共に添えて、本稿を「事業進出時を想定したイメトレ活用」に、是非お勧めする。

日本語版:P47  ENGLISH :P48

Logistics

インドネシア 物流市場動向 2017年度版

398

Introduction

潤沢な天然資源・そして東西約5,000km以上の距離に広がる1万7千以上の島々から構成される東洋随一の 魅惑溢れる群島国家、インドネシア。近年世界中の投資家から、低い生産・労働コストメリットに溢れる製造拠点としてのみならず、販売市場としても 高い収益性に溢れる投資先として熱いアテンションが注がれている。本稿ではそんな同国の根幹を支える物流業界にスポットライトを当 て、最新のマーケットデータ及び投資/市場参入機会、主要業界プレイ ヤー、現地ビジネス環境、競争概況及び展望について徹底的にお伝えする。筆者が独自に書き下ろしたCore Story「インドネシアにおける物流経営の現場‟キャパシティーコントロ ールが命!人材と受注管理そして物流施設の充実化へ」 と共に、お楽しみいただきたい。国家の威信をかけてのインフラ整備計画に沸き立つこの国に潜む、金塊 の商機を発掘する!

日本語版:P60  ENGLISH:P61

Food and Beverage

香港 F&Bケータリング業界最新動向 2017年度版

398

Introduction

世界三大金融センターの1つとして、世界有数の観光地として、東洋と西洋の文化が織り交ざるダイナミックな都市、香港。別名「至極の美食天堂(グルメパラダイス)」とも呼ばれるこの地は、高度な外食文化が形成され、ローカル市民は勿論のこと、世界中から訪れるビジネスマン・観光客の味覚本能を刺激してやまない。今回はそんな香港のF&Bケータリング事業にスポットライトを当て、その基本市場動静・消費者トレンド・競争状況・ビジネス環境と共に、既存進出済の外資ブランドの先進事例を織り交ぜながら、その盛況の根幹と香港ドリーム行きの片道切符を鷲掴む。筆者が独自に書き下ろしたCore Story「香港で成功した有名外資 ブランドに学ぶ成功事例vs失敗し たブランドに学ぶ失敗事例から紐解く、成功型勝ち組経営レシピ」と共に、じっくり”噛み締めて”ご堪能いただきたい。

 

日本語版:P35  ENGLISH :P35

Beauty/Health

ベトナム 化粧品・パーソナルケア商品市場調査報告書

398

Introduction

今回、本稿ではベトナムの美容とパーソナルケア業界にスポットライトを当てる。筆者お馴染みのCore Story「転換期を迎えるベトナムコスメティック新興企業‟年間+15%成長を維持する香水大手S社 & X-Menの事例」を添えて、リテール市場の成長の波に乗り成長した現地パーソナルケア関連新興企業 の経営ノウハウを伝授すると共に、市場の成長及び各セグメントの市場規模についての検証、海外の美容製品と ベトナム国内製品及び近年のそれらの製品に対する消費者購買傾向の推移とその要 因の分析、そして国内外の競合ブランド企業のプロファイルなど市場競争状況についてぎゅっと凝縮してお伝えする。別名「チャイナプラスワン」をも呼ばれる未来の東南アジアのエースとして期待される、このベトナム市場の制覇へ!熱き戦いの火ぶたがここに切られるー。

日本語版:P31 ENGLISH :P31

Construction Industry

シンガポール建設・建築コンサルティング市場調査報告書

398

Introduction

本稿はシンガポールにおける建築・建設コンサルティングのセクターにスポットを当て、マーケット概要と最新主要トレンド、国内の建設セクターでの最近の動向と重要企業のプロファイル、そして本業界を取り巻く ビジネス環境をメインに分析を進め、成長戦略と今後の展望について紹介する。まずこの場を借りて皆様にお伝えしたいことは、シンガポール政府は、”より環境に優しく・より優れた未来の インフラ空間の設計”を促していることから、イノベイティブな価値を提供するMADE IN JAPAN テクノロジーへ対するニーズは高まることが期待されることである。筆者が独自に書き下ろしたCore Story「シンガポール建設・建築業界必見!老舗ローカルコンサルティング企業経営から見る政府コネクション活用法!」と共に、この狭小都市国家から生まれた官民一体となった数々の逆転的ビジネス・アクションから、このマーケットにおけるポテンシャルを肌で感じて頂こう―。

日本語版:P63  ENGLISH:P73